私が理想とする家づくりとしましては、災害に強い家づくりであります。

災害に強い家づくりとしまして、そこで災害に強い家づくりを進める前に、一次災害と二次災害について、災害の状況を把握することが重要であると思える内容でありました。

まず災害での一次災害としましては、地震による倒壊や、風水害による破損、水没等、直接的な被害であります。

二次被害としましては、最も抑えるべき災害内容であり、防ぎたい内容でありまして、まず、ライフラインとして重要な、停電が風水害等では多く発生する形となります。

特に台風や強い風を伴う豪雨等によりましても二次災害として最も懸念するべき事項としましては、停電であります。

停電につきましては、発生率が特に高くて、照明や生活家電が使えずに、テレビ等からの情報不足になりがちな傾向となりますので、ライフラインで重要な停電を防ぐ方法としましては、ソーラーパネルの設置やソーラーパネルで集めた光を蓄電池によって蓄電するシステムが重要であります。

これを実施することによりまして、大規模な停電になりましても、暫の期間は、電気が復旧するまでの間で、ソーラーパネルの電気で耐えることができる形となりますので、省エネと言う観点からも、ソーラーパネルは必須であると思われます。

次に住まいですが、繰り返しの地震で発生する建物の変形による損傷を復旧する必要があります。そのためには、地震に耐える家としまして、大地震による揺れを大幅に低減し、内外の損傷を抑える必要があります。

また台風につきましては、耐久性に優れた屋根としまして、防災防犯ガラスとしまして、飛来ものによる屋根材や、窓ガラスの割れに気を付けなければなりません。

私が検討している地元の工務店では、雨天でも約10日分の電力と、暖房・給湯を確保できますので、一度相談されてみる価値はあると思います。もし直下型地震等に見舞われて停電と断水が発生しました最悪の状況でありましても、10日間持ちこたえることができれば落ち着いて行動できることに繋がります。

お小遣いNET 健康マニアによる無病ライフ 貯蓄 お家の見直ししま専科 英語上達の秘訣 クレジットカードの即日発行じゃけん マッサージのリアル口コミ.com住宅リフォーム総合情報 住宅情報