スイッチにも注目をしよう

新築を作る時には、最も大事な間取りなどに目が行きがちですね。そして小さいところには、後からこんなこともあったんだと気づくこともあります。その小さいところの一つとして、スイッチがあります。私の場合も、全くスイッチの事について関心がありませんでした。後からこれは便利だなと思ったり不便と思うこともありました。その内容はたくさんあります。ここでは、私の家のスイッチについて、ご紹介します。

・使いやすい場所にあると助かる

スイッチは、頻回に使うことがあるので使いやすい場所にあると助かります。それはなんといっても、しゃがまずに使える場所がいいのです。自分の背の高さからしても使いやすい場所にあると感じました。だいたいたったままで使うことが出来るところが多いです。

・夜になると目立つ色

スイッチを探すのは、とても大変ですね。特に夜に手探りで探したりすることで、時間を捉えてしまうこともあります。自宅に有るスイッチは、夜になると目立つようになっています。明るいので、そのままスイッチが有る場所がわかるのです。これは便利ですね。実家のスイッチは、よく手探りで探すことが多かったです。ちょっとしたことですが、毎日のことなのでそれはとても大切だと思っています。

・玄関のライトがついているのかわかる

玄関は、夜になるとぐっと暗くなるので、その時に外のライトを部屋の中に有るスイッチにより点灯させることができます。そしてその時、付けているのかつけていないのかわからなくなることも。そんな時、つけていることがわかるように点灯している場合は色が変わるようになっています。そのことから、夜につけっぱなしにしていたライトを部屋に居て気づくことができます。これもちょっとしたことですが、電気代のことを思うととてもいいシステムだと感じています。

・どこを点灯させるスイッチかわかるようにしたい

私の家の玄関は、たくさんのスイッチがあります。それをどこを点灯させるものかわかるようにしたいです。