家族みんな納得の家作りができました

私は家を購入するなら絶対に注文住宅と思っていたのですが、旦那は建売住宅の方が良いという意見でした。

誰もが注文住宅を選ぶと思い込んでいた私はすごくショックでしたね。旦那の意見を聞くことで、注文住宅にもメリットやデメリットがあり、建売住宅にも同じことが言えるとわかりました。

家族みんなの家なので、お互いの意見を無視して家を購入することはできません。だから旦那とじっくりどちらにするか話し合うことにしました。

家を建てた後で家族のなかで不満がないように、事前にどんな家を購入するのか話し合うことは大切だと思いますね。

夫は建売住宅は打ち合わせなどがなく、購入するのにすごく楽だと言います。旦那は仕事がとても忙しいので、家を買うのに色々と時間を取られてしまうことが不安なんだとわかりました。

私は専業主婦で時間があるので、打ち合わせは私一人でも大丈夫だと話すと納得してくれたんです。

夫は建売住宅だったら間取りや設備など理想通りではないこともあると思ったようで、最終的に注文住宅にすることに納得してくれました。夫が納得してくれたので、これで家作りに一生懸命になれると思いました。

注文住宅にして良かったところは、間取りや設備、外観や内装など全て自分の希望通りに作ることができるところですね。一番の魅力だと思います。理想の家ができるまで何度も打ち合わせを繰り返しました。

ハウスメーカーの人がしっかりと話を聞いてくれたんです。コミュニケーションがとりやすかったのは良かったです。

そう考えると、ハウスメーカー選びもすごく重要だと思います。いくつかのハウスメーカーの見積書を見比べて決めたんです。アフターフォローをしっかりしていただけると聞いたので安心して家作りをお任せしました。

コンセントの位置など部屋の隅々までこだわったおかげで、家が建った時に不満はありませんでした。注文住宅にして良かったと夫が笑顔で言ってくれた時には、とても嬉しかったです。