家を買うか家を借りるか?

家についての話になる時、話題になりやすいのが「家を買ったほうが得か、借りたほうが得か」という話です。みなさんはどちらのほうが得だと思うでしょうか。

基本的には家を買っても借りても、それほど損得はないという答えが定説になっています。ある土地を不動産会社が手に入れた時、家を買ったほうが購入者が得、つまり不動産会社が損をするとハッキリしているなら、賃貸向けの物件ばかり作ることになります。

そのほうが不動産会社にとって得だからです。しかし、現実には持ち家用の物件と賃貸用の物件を両方作っているため、どちらも大きな損得の違いはないのではないかという推論を作ることができます。経済的な面では損得はないと結論付けたとしても、住んでいる人の気持ちに違いがあるかもしれません。

まず「住み心地」という面で言えば、賃貸物件よりも販売物件のほうが、快適性が高いです。高級ホテルとビジネスホテルくらいの設備の差があると言われています。また住宅ローンを払っている人の気持ちと、家賃を払っている人の気持ちでは、モチベーションに違いが出るかもしれません。最終的に自分の家になるもののためにお金を払っているのと、掛け捨てのような感覚でお金を払っているのでは、気持ちに差が出るかもしれません。

もちろん家を購入すると、違う場所で生活をするのが難しくなったり、ご近所の方に恵まれないと苦労するといったデメリットもあります。そもそも転勤が多い方は、家を購入する選択肢自体ないかもしれません。

しかし一般的に言えば、家を購入し、住宅ローンを払いながら生活している人のほうが、気持ち的に恵まれていると考えられるのではないでしょうか。家を買ったほうが得か、借りたほうが得かと考えるとき、経済的にはそれほど大差ないが、気分的には家を買ったほうが得かもしれないと考えてみるといいかもしれません。迷っている方は、家を買うという選択肢も現実的に考えてみてはいかがでしょうか。