階段周囲を工夫して満足

新築を作るときに、平屋を選択することもあると思いますが私の場合は家族が多いので二階建てを選択することにしました。すると、その二階に行くためには階段が必要となります。階段を使っていると、その便利さや不便さを感じることがあります。不便と思うのは、そこをあがるのが大変と思う事です。しかし階段があることにより、とても便利と思うことも多いです。

ここでは、階段を作るときにその周囲について工夫をしたのでそのことについてご紹介します。

・階段が緩やか

どこでも階段として使いやすいと思うのは、なんといっても緩やかなことです。急であるとたちまち危険になります。滑ったときに大怪我をすることもあるのです。そこで、やっぱり緩やか設計にすることがとても重要であると思っています。

・階段下に収納場所を作る

階段にするときに、その下の箇所がそのままになってしまっているととてももったいないです。そこで。その空間についてはやっぱり収納場所として活用することをおすすめします。案外と広いので、こたつなどもそこに入れることができます。夏は扇風機をそこから取り出して使っています。季節で使わないものをそこに入れると、取り出しやすいしとてもいいです。

・階段が明るいこと

私の家の階段は、とても明るいです。それはなんといっても、窓を設置しているからです。窓は階段のところに2箇所設置しています。そのことから、外の明るさを取り込むことができます。昔の家の階段の場合は、とても暗く大変でした。実家の階段は、そんな感じでとてもくらいのです。その結果、昼間でも電気をつけることが必要となります。窓を付けることにより、電気代の節約にもなるのです。

・すべらない材質を選択

階段と言うと、やっぱり一番怖いのは滑って転落をしてしまうことです。その時、階段は安心して使える場所にすることが大切です。そこで考えたのは、すべらない材質の階段にすることです。すべらないので、とても安心して使うことができます。

ここでは、階段を作るときにその周囲について工夫をしたのでそのことについてご紹介します。

・階段が緩やか

どこでも階段として使いやすいと思うのは、なんといっても緩やかなことです。急であるとたちまち危険になります。滑ったときに大怪我をすることもあるのです。そこで、やっぱり緩やか設計にすることがとても重要であると思っています。

・階段下に収納場所を作る

階段にするときに、その下の箇所がそのままになってしまっているととてももったいないです。そこで。その空間についてはやっぱり収納場所として活用することをおすすめします。案外と広いので、こたつなどもそこに入れることができます。夏は扇風機をそこから取り出して使っています。季節で使わないものをそこに入れると、取り出しやすいしとてもいいです。

・階段が明るいこと

私の家の階段は、とても明るいです。それはなんといっても、窓を設置しているからです。窓は階段のところに2箇所設置しています。そのことから、外の明るさを取り込むことができます。昔の家の階段の場合は、とても暗く大変でした。実家の階段は、そんな感じでとてもくらいのです。その結果、昼間でも電気をつけることが必要となります。窓を付けることにより、電気代の節約にもなるのです。

・すべらない材質を選択

階段と言うと、やっぱり一番怖いのは滑って転落をしてしまうことです。その時、階段は安心して使える場所にすることが大切です。そこで考えたのは、すべらない材質の階段にすることです。すべらないので、とても安心して使うことができます。