仕事優先の家を注文住宅で建てる!

家を建てるという話になると、子育てのための家、家族のための家というイメージが強くなります。会社の誰かが家を建てるという話を聞いたとき、「家族のために、人生をささげるのだな」という考えが頭に浮かぶかもしれません。家を建てると地方都市でも3000万円から費用が掛かり、都心では1億円ちかくの費用が掛かります。ほとんどの方が住宅ローンを組み、長期の返済をしながらの暮らしを送ることになります。そのような背景が透けて見えるため、家を建てるイコール、家族に人生をささげるようなイメージになるのでしょう。

しかし家づくりは、子育てや家族のためだけにするものではありません。独身の方、共働き夫婦のために、家を建てることもできます。さらに仕事に集中するために家を建てることもできます。このように、世間一般的なイメージに流されすぎず、自由な発想で家づくりを行ってほしいと思います。仕事優先の方が家を建てるとすれば、会社の近くに家を建てることになるかもしれません。会社までの通勤時間が短ければ、それだけ仕事のために時間を使えます。

また歩ける距離に家があれば、終電以降まで会社で仕事をしても、歩いて家に帰ることができます。会社がある場所は街の中心であることが多いため、土地代が高いかもしれません。予算が許さないという方もいるでしょう。その場合、狭小地と呼ばれるような狭い土地に、家を建てる方法もあります。一般的な建売住宅で販売されているような坪数の半分ほどの土地を購入すれば、土地代を半分にすることができます。注文住宅で家を建てれば、そのような狭小地にでも、素敵な家を建てることができるでしょう。共働き夫婦が仕事に集中するための家をつくなら、書斎が二つある家を建てるといいかもしれません。このような特殊な間取りでも、注文住宅ならば実現可能です。このように、仕事が大好きな人なら、仕事優先の家を建てるという考えもいいのではないでしょうか。