注文住宅を建てて良かったと思った点

私が新築の家を建てよう思った時に注文住宅を建てたのですが注文住宅のどこが良かったと思ったかというと注文住宅を建てたおかげで自分の思い描いた家を建てる事ができたのが良かったです。

確かに最初に新築の家を建てようと思った時に新築の家を建てると建売の住宅よりもコストが高くなるというのがあってコストが高くなるのはどうかと思って注文住宅を建てるのを少し躊躇しました。

ですが、コストが高くなる事よりももっと大事な事があると思って最終的に注文住宅を建てました。

では、実際に私が注文住宅を建てて何が良かったかというと注文住宅を建てたおかげで家について家族と家について真剣に話す事ができたのが良かったです。

こんな風に家族が集まって1つの事について真剣に考えるという事はなかったので私は注文住宅を建てて良かったと思いました。おかげでしっかりとした新築の家を建てる事ができたと思いました。

実際家を建てる時に最初からどのような家になるか決まっているものだったら家族で本気で話し合う事もなかったと思います。なので、私が家を建てた時に注文住宅にして良かったと思ったのは家族みんなで家を考えて建てる事ができた点だと思っています。

また、注文住宅にした事で良かったと思ったのはこれにしたことで私の好みの家になったのも良かったです。もちろん、私だけでなく家族の意見も取り入れて家を建てる事ができたので家族みんなが納得できる家になったのが良かったです。

これはやはり建売住宅の家を建てた時には感じる事できない事だと思いました。

なので、最初こそ新築の家を建てる時に注文住宅を建てる事でかなりコストが高くなるという事で

躊躇したのですが、それ以上に良い家が建ったという風に思えたのでコストは高くなったのですが満足感はかなりありました。

建売住宅だったらそこまで良い家にならなかったと思うので注文住宅を建てて良かったと思いました。自分達で作った家感があったのが本当に良かったです。